ブログ記事一覧

意外と多い!シビレのお悩み

2019-03-20 [記事URL]

こんにちは、レリーフ整骨院の佐々木です。
突然ですが『痺れ』の症状に悩まされている方はいませんか?
今回は当院に来院される患者様の中でも、比較的多い上肢・下肢の痺れについてお話します。

手指
手指の痺れなら、手根管症候群や肘部管症候群などを疑います。

【手根管症候群】、人差し指と中指、親指に痺れや痛みが起こる事が多いです。症状は朝、目を覚ました時に強く、ひどくなると睡眠中に痺れや痛みで目が覚めてしまいます。中年の女性に多く発症します。手や指を動かすと痺れが和らぐのも特徴の一つです。

【肘部管症候群】は、初期では小指と薬指に痺れ感が起こります。進行すると手の筋肉がやせてきたり、知覚障害や指がまっすぐに伸びなくなってきたりする場合があります。筋力が低下すると、手指に力が入らなくなってきます。

上肢
代表的なものとして【胸郭出口症候群】というものがあり、鎖骨周辺の神経や血管が圧迫されて起こる疾患です。
手指や腕の痺れ、熱感・冷感、脱力感で始まり、徐々に首や肩、肩甲部のうずくような痛みが現れてきます。
首が長く、なで肩の女性に多く、20代にピークがあります。

腕を走っている大きな神経のひとつに撓骨神経があり、これが圧迫されると【撓骨神経麻痺】が起こります。
手指や手首が伸ばしにくくなり、親指と人差し指の間にある水かき部が痺れたり、感覚が鈍くなったりします。

下肢
腰痛とともに、主にどちらか一方の臀部から脚の裏にかけての痺れや痛みがあれば【腰椎椎間板ヘルニア】。
足の冷感や痺れ、間欠性跛行(歩くと痛み、しばらく休むと痛みがなくなる)がみられるなら【脊柱管狭窄症】や【閉塞性動脈硬化症】などが疑われます。
閉塞性動脈硬化症のある人は、下肢の動脈だけでなく、冠動脈や脳血管など全身の血管にも動脈硬化を起こしていることが少なくありません。近年、食生活やライフスタイルの欧米化によって急速に増えています。

痺れの症状は痛みの症状より治療が長引く傾向にあります。
少しでも気になる『痺れ』がある方は早めの医療機関の受診を強く勧めます。

以下の症状がある方は要注意

症状例
手指や腕のしびれ・痛み、徐々に首や肩のうずくような痛み → 胸郭出口症候群
上肢のしびれ・痛み、手指の感覚異常、歩行障害、めまい → 頸椎症
上肢のしびれ・痛み・麻痺、温痛覚がなくなる、歩行障害 → 脊髄空洞症
手指・手首が伸ばしにくい、親指と人差し指の間のしびれ感 → 橈骨神経麻痺
手足のしびれ、首の痛み、午後~夕方にかけて増強、痙性歩行 → 頸椎椎間板ヘルニア
手足のしびれ、痙性歩行、排便・排尿障害 → 頸椎後縦靭帯骨化症
手足の先から体の中心に向かって進行するしびれ・ぴりぴり感 → 糖尿病性ニューロパチー
腰痛、下肢の痛み・しびれ、下肢の筋力低下、排便・排尿障害 → 腰椎椎間板ヘルニア
下肢の冷感・しびれ、間欠性跛行  → 脊柱管狭窄症、バージャー病、閉塞性動脈硬化症
視力低下、手足の脱力、感覚低下、歩行障害、しゃべりにくい → 多発性硬化症
脚気、手足のむくみ・しびれ、筋力低下、ふらつき歩行 → ビタミンB1欠乏症
麻痺、言語障害、てんかん発作 → 神経膠腫
全身倦怠感、夏でも汗をかかない、顔のむくみ、便秘 → 甲状腺機能低下症
手足がつりやすい、ぴりぴりするしびれ感、けいれん → 副甲状腺機能低下症
呼吸困難発作、けいれん、意識混濁 → 過換気症候群
動悸、頻脈、胸苦しい、息苦しい、めまい、恐怖 → パニック障害


ぎっくり腰とは? 予防&再発防止

2019-03-11 [記事URL]

寒い時期や季節の変わり目に発生する可能性が高くなるぎっくり腰ですが、
自分は大丈夫と考えて油断しないようにしましょう。

発症する要因として考えられことは様々ありますが、最大の要因として考えられるのは疲労の蓄積です。
そして体が疲労する原因として考えられることは、特に運動・食事・睡眠・ストレスの4つ。

まず運動ですが、仕事や日常生活の影響によって、ほどよく体を動かす運動をすることが非常に難しくなっているという方は多いと考えられます。その為、運動不足により体の循環が悪くなって疲労してしまいますし、逆に運動をしすぎて体に疲労が蓄積してしまうこともあります。

次に食事内容の悪さですが、それにより胃腸や肝臓などが疲れて、それをかばって体が歪み腰の調子が悪くなることもあるのです。
どのような食事をするかも重要ですが、寝る前にたくさん食べると内臓に負担がかかるので、食べる時間も非常に大切になるのです。

睡眠は時間が長い短いということも大事なポイントですが、何よりも重要になるのは寝る時間帯で、できる限り22時から夜中の2時までの時間は睡眠をとるように心がけることです。
この時間帯は成長ホルモンの働きが活発になって、体の疲労は回復されることにつながるのです。

このように腰の好調不調を左右するカギは日常生活の中にあって、それが大きく影響しているということをしっかりと認識しておく必要があります。

ぎっくり腰の正式な病名は急性腰痛症で、欧米では魔女の一撃と呼んでいることでも分かるように、急に腰を痛めた状態です。
ですから発症した時の対処としては、まずは安静にすることが大事で、安静にした状態で氷などにより痛みが出ている部分をしっかり冷やすことです。
足首などを捻って痛め時と同様に冷やすのが正解で、間違っても患部を温めることだけは避けるべきです。
温めてしまうと症状を悪化させてしまうことも考えられるので注意が必要です。
またお酒も控える必要があり、アルコールで神経がマヒし、痛みを感じる物質が血液中に出ているのに気付かず悪化させてしまう可能性があります。

発症した時に適切な対処をしているかどうかで、治り方や治るまでの期間も違ってくることを認識しておくことも大事です。
それから立てない・動けないなど状態が酷い場合には、病院などで痛み止めを打った方が良い場合もあります。

ぎっくり腰は癖になるとよく耳にしますが、癖になっているのではなくて、根本原因となる体の歪みが改善されていないため、体に繰り返し負担がかかるためです。

つまり、根本原因となる体の歪みを取り除くと、正しい体の使い方ができるようになって、腰に負担がかからなくなり再発することもなくなるのです。
体の歪みをとって体のケアを常日頃から心がけておけば、二度と辛い痛みを引き起こすことはなくなるもので、再発を心配する必要がなくなると言えるのです。


多くの方が悩まされている『頭痛』

2019-03-05 [記事URL]

近頃特に頭痛で悩まされている患者様が多くいらっしゃいます。
よく「頭痛はみてもらえるのですか?」とお問い合わせをいただくことが多いのですが、状態によっては改善にかなり期待ができます。
今回は意外と知られていない頭痛の特徴についてお話いたします。
今から説明する内容で当てはまることがあるようなら要注意!

●緊張型頭痛
いわゆる肩こり・首こりや目の疲れと併発して起こる事が多い頭痛です。また心身のストレスとも関係が深いです。

特徴
・同時に肩こりを感じる・頭を締め付けられている感じの痛みである・頭が重い感じがする・めまいを感じることもがある
・ストレスが増すと強くなる・休息すると軽くなる・仕事や日常生活に大きな支障はない・市販薬で改善する傾向がある

●偏頭痛
月に数回、毎週なるという場合が多い頭痛。さらに、緊張型頭痛と偏頭痛の両方を持つ混合型も多いとされています。

特徴
・女性に多い・遺伝性がある・最初の症状自覚は若い年齢時が多い(女性の場合は月経がある期間)・頭痛の発作には間隔がある
・月経前や月経中の女性の頭痛は、偏頭痛の可能性が高い・予兆として視野の異常や視覚の異常(星が見えるなど)
・頭の片側の痛みが多い(まれに両側性もある)・痛みの持続は数時間から数日間
・痛みはズキンズキンとした拍動性のあることが多い・吐き気を伴うことがある・仕事や日常生活に支障がある場合ある(寝込むなど)

●群発頭痛
偏頭痛より頭痛の回数が多く症状が重いのが特徴。

特徴
片頭痛に似た症状の他に、1日のうち決まった時間に頭痛が起きるのが特徴。
痛みが治まってもしばらくするとまた痛みが起こります。改善と再発を1日のうちに繰り返すのが特徴です。

少しでも当てはまる症状があるようでしたら早めの治療をお勧めいたします。


腰痛

2019-02-26 [記事URL]

こんにちは。
突然ですが、今回は腰痛について少しお話をします。

人間の背骨は、上の方から頚椎・胸椎・腰椎といった椎骨が上下につながって、さらに仙椎・尾骨につながっています。
そして椎骨は円柱形の椎体とアーチ状に伸びた椎弓からできていて、椎体の後面と椎弓の前面に囲まれた空間が脊柱管で、その間の中には神経が通っています。
また、椎体と椎体の間には椎間板というクッションの役目を果たしていますし、椎弓と椎弓は椎間関節という関節でつながっているのです。
背骨とその周辺の筋肉などが原因で腰痛が起こりますが、主に腰の部分にある5個の腰椎に異常が起きたことで発生します。
しかし、単純に腰椎と言えるわけではなくて、障害部位の違いによって特徴も違ってくるのです。
椎間板に異常があるとおじぎをして姿勢をもどす時の動作で痛みを感じますし、椎間関節に異常があると腰を後ろに反ったり捻ったりする動作で痛みを感じます。
また、筋肉に異常があると前屈みをするとはや腰の筋肉に力を入れた時に痛みを感じて、暖めたりさすったりすると痛みが和らぐのです。
それから神経に異常があると腰の痛みだけではなくて、脚の膝から下がしびれたり力が入りにくくなったりする症状を伴いますし、骨に異常があると体動時に強い痛がみられるのです。

痛みを起こす要因としては、侵害受容性疼痛・神経障害性疼痛・心因性疼痛の3つがって、腰痛も腰椎や周辺の筋肉・筋膜・靱帯・内臓などに異常がある侵害受容性があります。
また、心理的・社会的なストレスが原因で神経が障害を受けて正常に機能しなくなった時に起こる神経障害性もあります。
それから小さい痛みを強く感じたり、痛みの原因が治っても痛みだけが残ってしまったりする心理的影響で痛みを感じる心因性のものも存在するのです。
このように、単純に腰が痛いというだけでは表現ができないように、障害部位の違いによる痛みの特徴や痛みを抑えるメカニズムの違いがあるのです。

その為、原因がはっきりしない腰の痛みを指す非特異的というのが、腰の痛み全体の約85%を占めていると考えられます。
ただ、原因がはっきりしないといっても全く原因が不明やないというわけではなくて、レントゲンやMRIで検査しても原因を特定できないというだけです。
先に触れたような原因から発生していても、検査で診断できないと原因不明として片づけられて、非特異的な腰の痛みと診断されてしまうのです。

しかし、現実的に痛みという症状があるので、治療法としては消炎鎮痛薬の内服や湿布・塗り薬といった外用薬を使用して痛みを抑えます。
また、それと共に安静を保つことも必要ですが、できる限り日常生活の活動性を維持することが治療としては必要です。
心理的・社会的ストレスが要因になって引き起こされているような場合には、抗うつ薬や抗不安薬が使用されることもあります。
場合によっては、心療内科によるカウンセリングを受けたり、理学療法士や心理療法士による連携的治療としての認知行動療法を受けたりすることもあるのです。
決して腰痛を安易に考えるのではなくて、早い段階で治療する必要があると認識しておくことも必要です。


春節の交通事故治療強化月間実施中!

2019-02-12 [記事URL]

春節の交通事故治療強化月間実施中!

こんばんは、レリーフ整骨院の佐々木です。
出来れば避けたい交通事故ですが、自動車を利用する機会が多い今の世の中、被害に悩んでいる方も多くいらっしゃいます。
現在、交通事故被害による怪我でお悩みの方、
お近くにお悩みの方がいらっしゃいましたら、
是非宮城県岩沼市にあるレリーフ整骨院にご相談ください。

強化月間中はもれなく
☆交通事故被害での怪我で初めてご来院の患者様
QUOカード\3,000プレゼント

☆交通事故被害での怪我でお悩みの方をご紹介いただいた方
QUOカード\3,000プレゼント

◎怪我の緊急治療のご相談          ◎事故にあった時のご相談
◎事故の怪我が治らない時のご相談      ◎その他交通事故に関する全般のご相談

無料相談が可能です。お問い合わせはこちら
℡0223-36-7299

※キャンペーンは予告なく終了する場合があります。

●交通事故で病院に行ったが、検査しても「異常なし」と言われシップと飲み薬だけ出され、症状に不安がある。
●「様子を見ましょう」ばかりでリハビリもしてくれず、1カ月たってもいまだ痛む。
●色々調べてみたが交通事故治療についてよくわからない。
●保険会社との交渉が不安・わからない

◆レリーフ整骨院で治療を受けるための大まかな流れ

STEP.1 まずはお気軽に御相談ください
レリーフ整骨院へお電話でご連絡いただき、ご来院ください。

STEP.2 問診・状態のチェック
事故前には無かった痛みや不調を確認致します。

STEP.3 治療
痛み方は人それぞれなので、症状に合わせて手技療法を行います。
症状がしっかり改善するように治療させて頂きます。

STEP.4 今後に関する説明
現在のお身体の状態のご説明や、日常生活での注意事項。
理想的な通院の仕方等をアドバイスさせて頂きます。

STEP.5 施術終了・帰宅
レリーフ整骨院は、厚生労働省の許可を受けている為、交通事故患者様の負担金はありません。

無料相談が可能です。お問い合わせはこちら
℡0223-36-7299

仙台 白石 名取 角田 岩沼 蔵王 七ヶ宿 柴田 大河原 村田 柴田 川崎 伊具 丸森 亘理 山元


レリーフ冬の紹介祭り

2018-11-22 [記事URL]

こんにちは、近頃「親戚やご友人の方で痛みに悩んでいる方がいるので、レリーフ整骨院を紹介しても良いですか?」
というお問い合わせをいただく機会が増えています。

1人でも多くの患者様に楽になっていただきたい思いから、
この度『レリーフ冬の紹介祭り』を実施いたします。

期間中はもれなく

ご紹介を受けて初めてご来院の患者様
初診料¥2,980
さらにQUO💳¥500プレゼント

当院にご通院経験があり、新たに患者様をご紹介いただいた方
ご紹介頂いた患者様お一人につき、
QUO💳¥500プレゼント

交通事故被害での怪我で初めてご来院の患者様
QUO💳¥3,000プレゼント

交通事故被害での怪我でお悩みの方をご紹介いただいた方
ご紹介いただいた患者様お一人につき、
QUO💳¥3,000プレゼント

この投稿をみて初めて通院された方
初診料¥2,980

11月いっぱいまでの期間限定となります。

お問い合せはお電話でお願いします。
℡0223-36-7299
※お電話の際に「ブログをみた」とお伝えください。


交通事故治療強化月間継続中です

2018-10-26 [記事URL]

秋の交通事故治療強化月間継続実施中!

こんばんは、レリーフ整骨院の佐々木です。
出来れば避けたい交通事故ですが、自動車を利用する機会が多い今の世の中、被害に悩んでいる方も多くいらっしゃいます。
現在、交通事故被害による怪我でお悩みの方、
お近くにお悩みの方がいらっしゃいましたら、
是非宮城県岩沼市にあるレリーフ整骨院にご相談ください。

強化月間中はもれなく
☆交通事故被害での怪我で初めてご来院の患者様
QUOカード\3,000プレゼント

☆交通事故被害での怪我でお悩みの方をご紹介いただいた方
QUOカード\3,000プレゼント

◎怪我の緊急治療のご相談          ◎事故にあった時のご相談
◎事故の怪我が治らない時のご相談      ◎その他交通事故に関する全般のご相談

無料相談が可能です。お問い合わせはこちら
℡0223-36-7299

※キャンペーンは予告なく終了する場合があります。

●交通事故で病院に行ったが、検査しても「異常なし」と言われシップと飲み薬だけ出され、症状に不安がある。
●「様子を見ましょう」ばかりでリハビリもしてくれず、1カ月たってもいまだ痛む。
●色々調べてみたが交通事故治療についてよくわからない。
●保険会社との交渉が不安・わからない

◆レリーフ整骨院で治療を受けるための大まかな流れ

STEP.1 まずはお気軽に御相談ください
レリーフ整骨院へお電話でご連絡いただき、ご来院ください。

STEP.2 問診・状態のチェック
事故前には無かった痛みや不調を確認致します。

STEP.3 治療
痛み方は人それぞれなので、症状に合わせて手技療法を行います。
症状がしっかり改善するように治療させて頂きます。

STEP.4 今後に関する説明
現在のお身体の状態のご説明や、日常生活での注意事項。
理想的な通院の仕方等をアドバイスさせて頂きます。

STEP.5 施術終了・帰宅
レリーフ整骨院は、厚生労働省の許可を受けている為、交通事故患者様の負担金はありません。

無料相談が可能です。お問い合わせはこちら
℡0223-36-7299

仙台 白石 名取 角田 岩沼 蔵王 七ヶ宿 柴田 大河原 村田 柴田 川崎 伊具 丸森 亘理 山元


秋の交通事故治療強化月間

2018-10-18 [記事URL]

秋の交通事故治療強化月間実施中!

こんばんは、レリーフ整骨院の佐々木です。
出来れば避けたい交通事故ですが、自動車を利用する機会が多い今の世の中、被害に悩んでいる方も多くいらっしゃいます。
現在、交通事故被害による怪我でお悩みの方、
お近くにお悩みの方がいらっしゃいましたら、
是非宮城県岩沼市にあるレリーフ整骨院にご相談ください。

強化月間中はもれなく
☆交通事故被害での怪我で初めてご来院の患者様
QUOカード\3,000プレゼント

☆交通事故被害での怪我でお悩みの方をご紹介いただいた方
QUOカード\3,000プレゼント

◎怪我の緊急治療のご相談          ◎事故にあった時のご相談
◎事故の怪我が治らない時のご相談      ◎その他交通事故に関する全般のご相談

無料相談が可能です。お問い合わせはこちら
℡0223-36-7299

※キャンペーンは予告なく終了する場合があります。


交通事故 むちうち でお悩みの皆さんへ

2018-10-11 [記事URL]

こんにちは、レリーフ整骨院の佐々木です。

当院では交通事故によるケガ・痛みに対して
自動車保険を使った治療が可能です。

その際の窓口金は0円!

交通事故による むちうちや、捻挫、打撲などの痛みがあれば早めに処置を行う事が重要です。
仕事が忙しくてなかなか治療に通えていない方も多くいらっしゃるとは思いますが
痛みが長引かないうちに、すぐにお電話ください!

当院の施術は、丁寧に問診を行い
お身体の状態をしっかりと把握したうえで施術を行います
身体が持っている 治癒力 を高め、早期回復を目指します

「あの時は大丈夫だったのに、今日になって首が痛くなってきた。」
「あれ?!今まで痛くなかったのに何だか腰が痛い。」 など、
事故による負傷は時間が経ってから痛みが出てくる場合があります。
気になる(不安な)箇所がある場合は絶対に放置しないでください!

〇 転院・病院との併用も可能です!

現在、他の医療機関を受診されていて、当院へ通院を希望の方は
保険担当の方へ
整骨院名 : レリーフ整骨院
電話番号 : 0223-36-7299
を伝えてください。


ルーズショルダーの解説・予防法 ~アウターマッスルばかり鍛えていませんか?~

2018-09-18 [記事URL]

こんにちは、レリーフ整骨院の佐々木です。
近頃、熱さも徐々に和らいできて、ようやく秋が近づいてきましたね。
涼しくなってくるとスポーツも盛んになるのか、野球少年の肩の痛みを見る機会が増えました。

肩のスポーツ障害で意外と知られていないものの中に『ルーズショルダー』と言われている疾患があります。
今回はそんなルーズショルダーの解説と予防方法についてです。

まず、スポーツをしていて肩に痛みを訴える方のほとんどはインナーマッスルが弱くなっていると言えます。

●ルーズショルダー(肩関節不安定症)
ルーズショルダーとは肩関節不安定症とも呼ばれ、その名の通り肩関節が緩く、不安定で外れやすい状態です。
特に野球選手や水泳選手、バドミントンなどで腕を大きく回す事の多いスポーツやラグビーや柔道などのボディコンタクトの多いスポーツで多く発症します。

●ルーズショルダーの症状
肩の動作時に痛みやだるさ、疲労感を感じます。
また腕を上げたり、振りかぶったりすると肩が抜けてしまいそうな感じや不安定さを感じることもあります。
時に腕にしびれを伴ったり、可動域に制限が出たりする事もあります。

●ルーズショルダーの原因
ルーズショルダーになる原因は大きく分けて以下に分けられます。
先天的(生まれつき)関節が柔らかく緩い場合
怪我や使い過ぎなどが原因で後天的に緩くなる場合
肩のアウターマッスルとインナーマッスルのバランスが崩れてしまって緩くなる場合

肩関節は他のどの関節よりも可動性に優れており、360°色々な方向に動かす事が可能な分あまり安定性に優れた関節ではありません。
まずは肩関節の構造について解説していきます。
肩の関節は元々「はまり」が浅い!
一般に肩と呼ばれる部位は肩甲骨と上腕骨で構成されている関節で肩甲上腕関節と呼びます。
肩甲骨がソケットの役割でそこに上腕骨がハマりこんでいる形となります。
このような形状の関節を球関節と呼びます。
人間の身体では股関節も球関節に含まれますが、肩と股関節ではソケットの大きさが違うのが特徴です。
股関節の骨盤の部分のソケットは大きく、大腿骨が深くハマる作りとなっています。
そのため、安定性に優れて滅多に外れる事はありません。
しかし肩関節のソケットは小さく浅い作りとなっています。
そのためハマりが浅く関節の構造自体が不安定な作りとなっているのです。
骨だけの構造では安定性に欠けるため、それを筋肉や靭帯が補強する形で安定性を得ているのです。
また関節唇と呼ばれる車止めのような役割を果たしている重要な組織や関節包と呼ばれる関節を包んでいる膜も安定性に関与します。
先天的に関節が緩い場合は、ソケットの役割をする肩甲骨側の関節窩に何らかの形成不全があり起こる事があります。
骨の形状が生まれつき浅かったり、骨がうまく成長せずに浅くなったりして不安定な状態です。
後天的になる場合は、転倒や強い衝撃など一回の強いストレスによって筋肉や靭帯、関節唇や関節包などが損傷を起こしてなる場合、オーバーユース(使いすぎ)により繰り返しかかるストレスによって組織が損傷を受けてなる場合の2パターンに分けられます。
靭帯や関節包の損傷の度合いによっては脱臼が繰り返し起こる事もあります。

※生まれつき関節が柔らかい人は要注意
身体が硬いと怪我をしやすいというのは多くの人が持っている認識かと思います。
となると身体が柔らかいに越した事はない!という認識になるかと思いますが、実は柔らかすぎるのも怪我を起こしやすいのです。柔らかすぎる傾向の人は関節が緩くなっている可能性が高いです。関節が柔らかすぎると、靭帯など関節を守っている組織が伸びる許容範囲を超えて動かされるため損傷を起こしやすくなります。

●ルーズショルダーとインナーマッスル
肩の筋肉は表層にあるアウターマッスルと深層にあるインナーマッスルとにわけられます。
大胸筋や広背筋などの大きく表面にある筋肉はアウターマッスルに含まれます。
棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋は回旋筋腱板またはローテーターカフとも呼ばれインナーマッスルに含まれます。
肩が安定して動くためにはこのアウターマッスルとインナーマッスルとのバランスが非常に大事になります。
アウターマッスルは主に腕の大きな運動を引き起こし、強い力を発揮します。
逆にインナーマッスルは大きな運動や強い力は発揮しませんが、上腕骨(腕の骨)を肩甲骨に近づけて安定させる、骨の位置を微調整する役割があります。
このアウターマッスルが過剰に働き、インナーマッスルの働きが弱いと肩が不安定となりやすくなります。
ルーズショルダーの人はインナーマッスルの働きが十分でない事がほとんどです。
一般に行われている重たいダンベルを持った運動やジムにあるベンチプレスなどはアウターマッスルを過剰に使う筋力トレーニングであるため、やり過ぎに注意が必要です。

〇ルーズショルダーには肩甲骨の安定が不可欠
先ほど説明したインナーマッスルの棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋を見ると全て肩甲骨から上腕骨についています。
このインナーマッスルが効率よく働くためには肩甲骨が安定している事が必要条件です。
肩甲骨は肋骨に囲まれた胸郭という部分の上に浮かんでいるようにあり、筋肉によって固定されています。
よって肩甲骨を支えている筋肉が弱ると肩甲骨が不安定となり、インナーマッスルの筋力も十分に発揮されません。
また最近はスマホやタブレットの普及で、猫背で下を向く時間が長い人が増えています。
そうすると頭が背骨より前に出ていて、猫背となり肩甲骨が外に開いた姿勢となっている事を多く見かけます。
すると肩甲骨を支えている僧帽筋という筋肉が働きにくくなり、結果的にインナーマッスルの機能の低下と繋がります。
つまりインナーマッスルを効率よく働かせるためには肩甲骨や背骨の動きも大切なのです。

よくみさせてもらう方の中には、筋トレをガンガンして一見ムキムキだが、インナーマッスルは全然トレーニングできていないためバランスが悪くなりケガをしやすい、パフォーマンスが全然向上しない、むしろ動きが鈍い方も多くいます。
そんな方はスポーツするための体ができていない状態なのでトレーニングから見直す必要があります。

インナーマッスルのトレーニング方法についての指導も行っているのでお気軽にお問い合わせください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メール・LINEでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

「レリーフ整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒989-2474 宮城県岩沼市朝日1丁目1-70 朝日陽だまり館1F東号室
電話番号 0223-36-7299
営業時間 月火木金 10:00~12:30 15:00~20:00
水曜 15:00~20:00
土曜 10:00~12:30 14:30~17:00
定休日 日曜、祝日
最寄駅 岩沼駅

PAGE TOP

岩沼市の交通事故むちうち施術
岩沼市 美容鍼・美容鍼灸
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME